未分類

平成30年度 サンケアグループ全社員総会

こんにちは。

6月29日金曜日に平成30年度サンケアグループ全社員総会を行いました。

約300名の職員の方にご参加頂き、大変有意義な会となったと思います。

山野市長をはじめとする沢山の方々にご臨席頂き、誠に有難うございました。

 

平成30年 全社員総会 髙畠社長挨拶写真②平成30年 全社員総会 山野市長挨拶写真平成30年 全社員総会 写真57

 

今回の全社員総会の目的は、「グループの事業所を知り、職員間の交流を図り互いの労をねぎらう」です。

全社員総会でグループの事業所を知り、職員同士の交流が出来たのではないかなと思います。

平成30年 全社員総会 施設長写真①

平成30年 全社員総会 写真コラージュ④ 平成30年 全社員総会 写真コラージュ③ 平成30年 全社員総会 写真コラージュ② 平成30年 全社員総会 写真コラージュ①

 

今後ともサンケアグループを宜しくお願い致します。

 

平成30年 全社員総会 全体写真①

 

サンケアグループインターンシップについて

こんちには。

早速ですが、サンケアグループインターシップについてのお知らせを致します。

6月16日にマイナビ主催のインターンシップ説明会に参加させて頂きました。

 

寺師部長プレゼン松本課長プレゼン尾久施設長プレゼンジャネルさんプレゼン

 

沢山の学生さん達がサンケアグループのブースに来てくださいました。

下記がサンケアグループインターンシップ予定表となっております。

①介護職1DAY ②介護職5DAY ③厨房職1DAY ④総合職1DAY

 

インターンシップ日程表

 

★介護職1DAY ↓↓↓↓

介護職oneday

★介護職5DAY ↓↓↓↓

介護職fivedays

★厨房職1DAY ↓↓↓↓

厨房職oneday

★総合職1DAY ↓↓↓↓

総合職スケジュール

サンケアグループインターンシップにご興味がある方はマイナビよりエントリーしてください。

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp110739/is.html

 

今後ともサンケアグループを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

想愛畝田新聞2017年秋号2018年冬号

0524_0010524_0020524_0030524_0040524_0050524_006想愛畝田です☆

今回は少し遅くなってしまいましたが、去年の11月から今年の2月の間の想愛畝田の行事を月ごとに紹介させていただきます(^^♪

今後も定期的に紹介させていただきたいと思っておりますのでお楽しみに♪

「介護留学生」手厚くケア

今朝の中日新聞では、「留学生(暫定)介護福祉士養成プログラム」が取り上げられました。

表紙の部分に掲載されました!!!

 

介護留学生 中日新聞記事

 

4月に入学した留学生が金沢福祉専門学校の実技の授業で車いすの介助の仕方を学んでいる姿が載っています。

慣れない環境で初めての事を学び大変だと思いますが、留学生の皆さんは学校とアルバイトの両立を頑張っています(^^♪

最近は環境にもアルバイトにも段々と慣れてきたみたいです。

 

来年度の介護留学生は、H30年7月募集スタート、H30年9月選考開始(サンケア面接⇒就職先面接)という予定となっております。

 

今後ともサンケアグループを宜しくお願い致します。

 

 

留学生(暫定)介護福祉士とEPAの活動がニュースに!!

【介護現場に外国人を】北陸朝日放送でサンケアグループの活動がニュースに取り上げられました。

介護の現場に外国人を・・・

和の郷高岡

和の郷高岡での取材となりました。

アディスティさんアディスティさん②アディスティさん③

↑アディスティさんはインドネシア出身のEPA看護師です。

ナリスさん

↑ナリスさんはインドネシア出身のEPA介護福祉士です。

オオンさん

↑インドネシア出身のEPA准看護師オオンさんです。

 

和の郷高岡では現在14名の外国人スタッフが働いています。

和の郷高岡の西川副施設長が取材を受け「外国人スタッフさんの笑顔で利用者様がとても和んでいる。仕事に関しては勤勉、且つきめ細やかで素晴らしい」とお話されました。

14人の外国人スタッフお祈り

↑和の郷高岡では、イスラム教の女性スタッフに対してジルバブ(ヒジャブ)を着用することや勤務中にサラート(礼拝)をすることを許可しており、宗教への配慮も心掛けています。

髙畠社長

「日本人の人口も働いていただける生産年齢人口もどんどん減っている中で、介護の現場のスタッフも減っているというのが現状です。

文化や言葉は違っても心が越える、外国人留学生の力も借りながらもっと高齢化に対するいいサービスを提供して、福祉サービスの充実を実践していきたい。」

上記 代表取締役 髙畠樹社長 より

 

人と人とが向き合う介護の現場で外国人スタッフの存在が単なる人員確保ということではなく、サービスの充足に繋がっています。

今後も日本人スタッフはもちろん、外国人スタッフも働きやすい環境となるよう配慮し、利用者様により良いサービスを提供できるようサンケアグループ一丸となって励んでいきたいと思います。