留学生(暫定)介護福祉士 採用プログラム

ryugaku_title

プログラムの流れ

  • ①選考

    国外提携校の留学生を当社が厳選

  • ②マッチング

    事業者との
    マッチング

  • ③入学

    提携介護福祉士
    養成校

  • ④卒業

    介護福祉士国家試験
    受験資格

  • ⑤就職

    事業者への就職
    ・介護福祉士
    ・暫定介護福祉士

スケジュール・費用

留学期間と費用

※対象留学生が途中退学した場合その年度に、貸し付けた奨学金+紹介料15%全額返金保証

プログラムの一連の流れ(参考事例)

①選考

当社が提携する介護福祉士養成校への入学条件

▶︎満18歳以上の男女

▶︎出身国及び日本での高校卒以上(12年課程修了)

▶︎日本語学校留学生→日本語能力検定N3同等以上

▶︎諸外国からの新規留学希望者→日本語能力検定N2以上

▶︎医療・福祉の仕事にご興味のある方

②マッチング

マッチング流れ

③入学(参考事例)

介護福祉士養成校【○△福祉専門学校】

通常2年課程 2,404,704円(学費は学校によって変動があります。)

受入事業者様2年間の貸付金 合計金額1,674,704円

④卒業

介護福祉士国家試験の受験資格の取得

ryugaku_t02

⑤就職

留学生(暫定)介護福祉士を受け入れるメリット

  1. 技能実習生とは異なって、全ての介護保険事業所での就労が可能
  2. 在留資格(介護)を更新することで長期雇用が可能
  3. 日本人スタッフの負荷軽減
  4. 在学中に受入施設様でのアルバイト勤務をする事で卒業後の就業がスムーズ
    (事前の業務フローの理解・既存職員との良好な人間関係の構築)
  5. 日本語能力が高く(N2レベル)、お客様・スタッフとのコミュニケーションの心配はありません。
  6. 介護人材の安定的な確保
  7. 人材を厳選できるため受入施設様のニーズに合った優秀な人材を確保できる
  8. 1人を採用し、安定して就業して頂くことで、今後の外国人材の採用がスムーズになる。
    (留学生(暫定)介護福祉士からの支持が得られる)

ryugaku_p03_1

留学生(暫定)介護福祉士と技能実習生との違い

留学生介護福祉士と技能実習生との違い

よくある質問Q&A
Q留学期間中において、日本での生活に問題や困ったことがあった時、相談できる人はいますか?
A当社が定期的に留学生へのサポートを行います。(面接等)当社では、中国・フィリピン・インドネシア・ベトナム(予定)人スタッフが常駐しておりますのでご安心下さい。
Q暫定介護福祉士とは何ですか?
A「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年度(第30回)から、養成施設を平成33年度末までに卒業する方で国家試験に合格した場合は介護福祉士として、また、合格しなかった場合は実務中5年間、暫定介護福祉士としてその後、介護福祉士として仕事が出来ます。
この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護等の業務に従事することで、5年間経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。平成34年度以降に養成施設を卒業する方からは、国家試験に合格しなければ介護福祉士になることはできません。(2017.6月現在)

ryugaku_root

Q介護ビザとは何ですか?
A(平成29年9月1日施行)
●内容/日本の公私の機関との契約に基づいて、日本で介護福祉士の資格を有する者が介護または介護の指導を行う業務に従事する活動です。
●取得要件/日本で介護福祉士を養成する学校(大学・短大・専門学校等)へ通い、介護福祉士(暫定介護福祉士を含む)の資格を取得した外国人のみが対象となります。)
Q何故8年間連続勤務で永住資格が申請できるのですか。
A原則として日本では、連続10年間滞在することで「永住資格」が申請できます。
2年間、留学ビザにて提携介護福祉士養成施設に通い、介護ビザで8年間連続勤務することで10年間の滞在が認められ、永住資格を申請することが出来ます。
問い合わせ先

〒921-8155
石川県金沢市高尾台1丁目84番地(本社)
サンケアホールディングス株式会社
TEL:076(296)2253 FAX:076(296)2254
E-mail : global@suncare-life.com

国内担当/荒井夏千翔(アライナチカ)

中国担当/于躍(ウヤク)

ASEAN担当/ジャネル・カヒリグ

contact_11
海外事業部担当迄